龍馬マラソン2015(ボランティア活動)

【龍馬マラソン2015(救護活動)】
日時:平成27年2月15日
高知県柔道整復師会は、龍馬マラソン2015にボランティア活動(救護活動)で参加。龍馬マラソン2015は全国各地から、6543人ものランナーが参加し、大きなけがや事故もなく無事終了。当日は、最強市民ランナーの「川内優輝選手」を招き世界レベルの走りを見ることができました。

救護活動参加会員(敬称略) は、以下の21名でした。

小川八十一、高橋俊光、國澤義一、中村裕洋、武田卓伸、
湯岑周二、西本仁、中山泰雄、武市修行、柳瀬靖、藤戸博康、
柳川和幸、浦田憲士郎、大黒一生、市原聡、瀬尾美香、
西村丞司、永野貴弘、市原靖規、吉本大輔、西田寛。

パンフ作成し(A3両面印刷で2つ折り:300部)、来場者に配布。

なお、当会関係者もマラソンに参加し、見事、完走されました。
桑名龍吾先生(顧問 高知県議会議員)(5:44:58)
濱本健太朗先生(顧問 川越税理士事務所) (5:50:25)
市川直之会員(3:12:19)
今井勝会員(5:26:57)
大野進会員(5:42:59)

この救護活動に対して、龍馬マラソン実行委員会からお礼状を頂きました。



  

フィード